驚きの栄養価!子供の成長期にうってつけのスピルリナとは

近年注目されている栄養補助食品の一つが「スピルリナ」です。

スピルリナとは、最古の植物と呼ばれる藍藻類の一種で、その成分は人間の体では合成されない必須アミノ酸を含んでいる良質なタンパク質からできています。

そのため様々な健康効果があるとして注目されています。
大人の健康はもちろんのこと、子供の成長期に必要な栄養素がたっぷりはいっているので、大変注目されています。
これだけの栄養素を、食事だけで取るのは不可能です。

スピルリナを粉にしたサプリメントなどを料理に使うなど工夫が必要になるのではないでしょうか?

それでは、スピルリナはどんな栄養素が入っているのでしょうか?

スピルリナの栄養素は?

50種類以上の栄養素が含まれており、必須アミノ酸を含むタンパク質以外には鉄分やカルシウムなどのミネラルも豊富です。

特にアルギニンというアミノ酸は、ホルモン分泌をコントロールする脳下垂体に働きかけて成長ホルモンの分泌を促進する働きがあります。

リンパ球を活性化する効果もあることから、免疫力を高めることができ体に侵入したウイルスや細菌感染の予防にも役立ちます。

藻類ですので、葉緑素も豊富に含まれます。

葉緑素は体の中で血液の材料となり、赤血球や核酸の働きに関係するビタミンB12も含まれていることで貧血予防につながります。

豊富な食物繊維があることから便通を良くして、必須アミノ酸が脂肪燃焼酵素であるリパーゼの働きを活性化させて基礎代謝を高めるため、肥満を予防するのにも効果的です。

このような効果があることから、スピルリナは子供の健康にも有効となっています。

特に成長ホルモンがスムーズに分泌されることによって、子供の成長を正常にサポートする働きを期待できます。

ただし、子供に飲ませる場合にはパウダータイプのものは、牛乳やドリンクに混ぜて摂取させるので、飲みやすい味にしなくてはいけないため、糖分が多くカロリーも高めという欠点があります。

子供の場合は食わず嫌いもあるため、そのまま粉を見てしまうと嫌がってしまうことも考えられます。

そのため子供に飲ませるにはタブレットタイプのものをオススメしています。
味もなく、水さえあればどこでもかんたんに飲めるのが長所です。

これほどの栄養素が入ったものはあまり見つかりません。

スピルリナ自体を手に入れるのはこんなんです。

どうしてもサプリメントとして販売されているスピルリナを購入するしかないと思います。
そこで、子供の成長期にぴったりな栄養素がタップリ入ったサプリメントをおすすめしています。